大和証券
direct SMBC co jp

資産100億円の"株男" ライブドア事件でも儲けた!?

日記

インターネット専業の証券会社とは?

突然ですが質問です。

インターネット専業の証券会社とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/証券会社より引用>

ネット証券評議会正式会員
SBIイー・トレード証券
オリックス証券
カブドットコム証券
松井証券
楽天証券

その他
ジョインベスト証券
ジェット証券
GMOインターネット証券
ネットウィング証券
マネックス証券
リテラ・クレア証券
デリバティブ特化型
ファンドネット証券
トレイダーズ証券
<関連ブログ>
スクランブルダッシュ/はじまったかな???/[投資]2007/3/1/FX 米ドル動きますね/3/2のFX参考値

日記

日本三大証券とは?

突然ですが質問です。

日本三大証券とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/証券会社より引用>

野村ホールディングス傘下
野村證券
ジョインベスト証券

大和証券グループ本社傘下
大和証券
大和証券SMBC
旧「大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ」、大和証券グループ本
社・SMFG共同出資。

日興コーディアルグループ傘下
日興コーディアル証券 元は日興證券
日興シティグループ証券
(旧「日興ソロモン・スミス・バーニー証券」)

日記

インターネット専業の証券会社とは?

突然ですが質問です。

インターネット専業の証券会社とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/証券会社より引用>

店舗における対面販売などの古典的な販売形式ではなく、インターネッ
トを利用した株式取引に注力するインターネット専業の証券会社という
べき一群の証券会社が登場している。人件費や店舗維持のコストを抑え
ることが可能で、取引手数料を低く抑えることが可能とされている。

インターネット専業の証券会社については、従来型の証券会社が業態を
変更したケースと、当初からインターネット専業として参入したケース
がある。近時では、従来型の大手証券会社がインターネットを利用した
取引に力を入れるなどし、この分野における競争は激化している。
<関連ブログ>
日経226も、為替も、今回の下落を止める「救世主は?」/[マネーですよ。]:急落・・・。/米市場の動き/さてさて/ISM製造業景況指数

日記

証券会社とは?

突然ですが質問です。

証券会社とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/証券会社より引用>

日本では、証券取引法(昭和23年法律第25号)によって
証券業(金融機関以外の者が行う有価証券の売買・その媒介・取次ぎ・
代理、
その引受・売出しなどの業務(第2条第8項))を
営む会社とされた(第2条第9項)。

金融庁長官の登録を受ける必要があり、そのためには、取締役会設置会
社であって、
監査役又は委員会設置会社である株式会社でなくてはならないとされて
いる(第28条)。
また、同法第28条の4および証券取引法施行令第15
条により、
資本金の額は5,000万円を下回ってはならず、さらに、同法第
28条の4・第52条により、
自己資本規制比率が120%を下回ることがないようにしなければな
らない、とされている。
<主な関連ブログ>
ネット株を始めよう!海外証券会社のメリット:サービスの違い/やはり上値は重い/[Stock]無料の証券会社「Zecco」/3月22日(木) +68 258円/前日比 -105万 最悪の最悪は免れたが・・・/3/22 糞相場/大日光、CCIなど/ジプロはどうか?3月22日から3月29日の注目銘柄/ベトナム証券市場、日本で関心高まる

日記

大和総研の沿革とは?

突然ですが質問です。

大和総研の沿革とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/大和総研より引用>

1989年 (平成元年) に、大和証券経済研究所、大和コン
ピューターサービス、
大和システムサービスの三社が合併して設立された。
国内のいくつかの金融系シンクタンク(野村総合研究所や日本総合研究
所など)と同様に、
システムインテグレータ (SI) としての事業が主力である。大和
証券グループのシステム開発・運用のほか、
グループ外の証券会社、通信業者、地方公共団体などのシステム開発・
運用を受託している。

SI事業のほかには、金融・資本市場に関連するマクロ経済調査、
企業調査などのリサーチ事業、経営コンサルティング、年金コンサル
ティングなどのコンサルティング事業を持つ。
証券業界唯一の「リサーチ別会社」方式として有名。
2006年10月に資産運用マネジメント本部より資産運用評価部門を
分割し、
関連業務を大和証券グループ本社の100%子会社として設立された
大和ファンド・コンサルティングへ継承した。

日記

SMBCフレンド証券の沿革とは?

突然ですが質問です。

SMBCフレンド証券の沿革とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/SMBCフレンド証券より引
用>

SMBCフレンド証券は三井グループの証券会社である
さくらフレンド証券と住友グループの証券会社である明光ナショナル証
券が合併して誕生したが、
三井系企業は業界最大手の野村證券(戦前は野村財閥傘下だったが、戦
後独立系となった)や、
オーナー経営が依然続いている(ただし、2006年3月に東証
1部に上場した)極東証券とも密接な関係にあるので、
2007年現在のSMBCフレンド証券は住友色が強い。

近年ではネット証券に対抗するために手数料の大幅な引き下げや映画
ファンド(北斗の拳)をつくる等先進的な経営を行っている。
現在はホールセール部門を三井住友グループと大和証券の提携によって
生まれた大和証券SMBCが支えているため、
三井住友グループにおけるリテール(小口)営業部門を担う位置づけに
とどまっており、
それは「フレンド」を冠する社名にも表れている。従って、リソースの
多くは個人営業に投入されている。

日記

SMBCフレンド証券とは?

突然ですが質問です。

SMBCフレンド証券とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/SMBCフレンド証券より引
用>

SMBCフレンド証券株式会社(エスエムビーシーフレンドしょうけん)は、
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下の日本の中堅証券会
社である。
本社は、東京都中央区に所在する。英文名称は、SMBC Friend
Securities Co.,Ltd.。
以前は、
SMFGの完全子会社である三井住友銀行(SMBC)の実質上の子会社
(SMFGの孫会社)であった
(直接41.19%、間接2.50%)が、2006年9月
1日に株式交換によりSMFGの直接の完全子会社となっている。
また、東証第1部、大証第1部、名証第1部に上場し
ていた(当時の証券コード:8623)が、
SMFGによる完全子会社化に伴い、
株式交換効力発生日の4営業日前である2006年8月
28日をもって上場廃止となった。

日記

大和証券グループの沿革とは?

突然ですが質問です。

大和証券グループの沿革とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/大和証券グループ本社よ
り引用>

1902年(明治35年)5月1日 創業 
1943年(昭和18年)12月27日 藤本証券と日本信託
銀行が対等合併して、大和証券設立 
1961年10月 株式上場(東証・大証・名証1部)
1999年(平成11年)4月26日 商号を大和証券グ
ループ本社に変更して持株会社に移行

ホールセール業務を大和証券エスビーキャピタル・マーケッツに営業譲
渡、リテール証券業務を新・大和証券に営業譲渡。
2001年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツが、さく
ら証券の営業を譲り受け、大和証券エスエムビーシーに商号変更。
2006年9月5日 株式公開買い付けにより日の出証券を子会
社化(92.38%)。

日記

大和証券グループ本社とは?

突然ですが質問です。

大和証券グループ本社とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/大和証券グループ本社よ
り引用>

傘下に大和証券・大和証券SMBC・大和総研などを持つ、
業界2位の証券グループの持株会社である。
短資部門を中心に証券業を営んでいた藤本証券
(藤本ビルブローカー)と大阪証券取引所(大証)の機関銀行だった
日本信託銀行(戦後存在していた同社名の信託銀行とは別)が
1943年12月27日に合併して、
(旧)大和証券が成立した。

1999年4月、ホールセール証券業務を
「大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(現:大和証券
SMBC)」へ譲渡、同社営業開始。
リテール証券業務を(新)「大和証券」へ譲渡、同社営業開始。
(旧)「大和証券」はグループ会社の支配・管理を目的とする持株会社
となり、
「大和証券グループ本社」へと商号変更。持株会社解禁後、上場会社で
は初の持株会社である。
株主 9万9042人(2006年3月31日現在)
従業員数 257人(2006年3月31日現在、グ
ループ本社のみ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。